僕がフリーランスライターになった理由7つ。自由な人生を今から

Im-a-freelance

Hello! How are you?

やっとホッとできる時間を手に入れた、サカモトジュンイチ(@skmt_junichi)です。先日、ある方にこんなことを言われました。

なんでフリーランスのライターになったの?

ということで今回は、僕がなぜフリーランスライターとして活動しようと思ったのか? についてお話ししていきます。

1. 誰かと働くことが苦痛になった

im-stress

これは僕が19のときです。当時、とあるラーメン屋で働いていたんですが、まぁ苦痛でした。簡単に説明すると、経営が苦しい時に僕が入ってしまったということです。

そのため、時給がすぐに下がり、社員それぞれの人間関係はぎくしゃく…

出勤するたびにメンバーの愚痴が飛び交う中での仕事はとてもキツかったです。

という経験があるため、僕は誰かと共に働くということにメリットを感じません。そもそも、他人の事を考える程の余裕なんて無いというのが正直な感想です。

フリーランスになれば基本的に1人で仕事をするため、どうでも良いストレスや気遣いを抱えることが無くなります。

僕と同じようなストレスがあなたの職場にあるのなら、フリーランスとして仕事するのもアリだと思います。

 

2. 職場までの移動時間が無駄だと思った

im-move

フリーランスになる前までの僕の出勤時間はドア toドアで約1時間。ちなみに今は0分〜5分。(自宅か近くのカフェなので)

東京の電車って本当に人が凄くて、何かに集中できるような環境じゃないし、もしできたとしても適当にスマホいじって終わりですよ。

こんな無駄な時間ってあるんですかね…。往復で2時間ですよ?

  • 一週間で10時間
  • 一ヶ月で40時間
  • 一年間で480時間

ちなみにですが、480時間を日数に直すと

20日です。

僕の場合、これだけの移動時間を年間で使っていることになります。こう計算してみると本当に驚きますよね。20日ですよ…旅行できちゃうレベルです。

在宅で仕事ができれば、この20日が無くなる訳なので、時間を大切にしたい方にはオススメですね。これも僕がフリーランスライターになった理由の1つです。

 

3. 自分1人の力で稼ぎたかった

one-person

マニュアルがあって、その通りに仕事するなんて誰でもできます。

これは僕の場合ですが、城を守る兵士(社員)みたいな生き方は全然合わなかったんです。

僕は自分の頭で考え、自分の意志で行動し、そして頑張った分のお金が欲しいです。

社員さんの場合、給料を数万あげるのに何年かかるでしょうか?

どれだけ頑張っても次の年の給料の上がりなんてたかが知れてます。

そうなるとモチベーションなんて上がりませんよね。

しかし、フリーランスは頑張った分がお金に変わります。(もちろんそうでない場合もありますが)

自分の力で稼ぐ=財産だと僕は考えます。

 

4. 何かを作る作業が好きだった

im-make

僕は子供の頃から、何かを作り上げる・組み立てる・育成するということが大好きでした。

やるゲームはRPG系とか街つくりとかばっかりだし…。

自分好みにカスタマイズして、自分だけのストーリーがあると思うとワクワクが止まりません。

あと、学生の頃はノート(板書)にやたら拘ってました。自分ならではの書き方で、色とか構成とか文字のサイズとか…。

まぁ先生が書いた黒板が分かりづらすぎたってのもありますけど笑

そして、現在のgoogleさんはオリジナリティの記事を評価するので、自分で考え、イメージして、周りとは違う記事を書くということが必要です。

なので、一から何かを造ることが大好きな僕には、フリーランスライターという職業が物凄くマッチすると考えたのです。

 

5. 努力が形としてハッキリ見えるから

先ほども少し話しましたが、努力が形になることってとても大切なことだと思います。やっぱり人間として心がある以上、

  • 認められる
  • 評価される
  • 努力が報われる

が無いとやってられないですよね。

ライターは書いた分がそのままお金になるので、努力した分だけ稼ぐことができます。

つまり”お金”という形に変わってるんです。

そして、僕のようにメディアを運営していれば、頑張って記事を書き、サイトを作りこんだ分がPV数として返ってきます。(正しい知識が無いとダメですが)

つまり、”PV数”が形になります。

どれも努力が形としてしっかり出るので、モチベーションの維持がしやすいですし、なにより「よっしゃ、頑張ろう!」という気持ちになります。

 

6. パソコンさえあれば何処にいても稼げる

im-pc

これもフリーランスライターを選んだ理由の1つですね。

パソコン一台で稼ぐことって本当に魅力だらけですよ。

  • 住まいが変わってもOK
  • どこにいたって稼げる
  • ネットに詳しくなる
  • ストレスがめっちゃ少ない
  • 音楽聴きながら仕事ができる

言い出せばキリがないですが、本当に良いことづくしです。

旅行先だろうが、飛行機内だろうが、関係ないです。PCさえ手元にあればOKなんで、仕事がしやすいしやすい。

しかも、パソコンを起動するだけで作業が開始出来るので、物凄く”手軽”です!

 

7. 親孝行したい

im-man

 

んーやっぱり最終的にはここが一番かなぁ…。

学校・部活にかかるお金に加え、僕のやりたいことを必死にサポートしてくれた親に少しでも恩返しがしたいというのが僕の気持ちです。

親孝行はお金じゃないと思いますが、旅行に連れてったり、家をもっと綺麗にリフォームしてあげたりするためには、お金が必要です。

そのため、社員として決められたお給料を貰うよりも、天井無しであるフリーランスという形を選んだのです。今も尚この目標に向かって励んでいる最中であります。

 

8. 最後に・・・

ハッキリいいますが、フリーランスは大変です。報酬を生み出すのも、管理も、作業も、ぜーんぶ1人です。

しかし、大変な分、他の人よりもたくさんの経験が出来ます。

経験は人生においてとても大切なことです。

結局僕ら人間は、自分の目で見て、自分の肌で感じなければ納得出来ないし、真実も分かりません。

ぼけーっとした生き方こそ出来ませんが、フリーランスは本当に素晴らしい働き方だと思います。

 

だって

「自由」

ですから。

お読み頂きありがとうございます。ライターのサカモトジュンイチでした。

Sponsered Link

Im-a-freelance

ABOUTこの記事をかいた人

webのあれこれを独学で学ぶ → web制作会社で編集者を経験 → 現在、フリーwebライターとして活動中。一眼レフ x 音楽 x 映画鑑賞 x 自由な働き方!20代前半とまだまだ未熟者ではありますが、ライティングの依頼お待ちしております。